ドバイのヨックモックのお話!

チェリー式世界一やさしい
「中学式ビジネス英会話」
主宰 チェリーホシノ
==========

 

先日のクイズの回答していきますね!

まず、FBで質問した、
ヨックモックのクイズから回答して
参りますね!!

<質問>
1.
ドバイでも売られている
ヨックモックですが、
(これは日本オリジナルですが)
最近、インドでも販売される
ようになったのですが、

その理由わかりますか?

【回答】
(8月の日経MJの記事から
抜粋)

ヨックモックは、
現在アメリカや中近東
など海外に約50店舗を
展開している。

中東店舗ではインド人の
観光客による購入が増えて
おり、インドへの出店の
要望が多く寄せられていた。
インドではギフトを贈答
する文化が根強く、

結婚式やヒンドゥー教の
新年の時期を中心に

需要が見込めると判断し、
主に富裕層を取り込む。
インドのムンバイで
洋菓子販売の路面店
を8月12日に開店させた。
ということです。
ちなみに、
ドバイには、たくさんの
インドやパキスタンからの
出稼ぎの方々もいらっしゃい
ます。
母国インドへのお土産に
おいしいクッキーを!

いう事で広がった1つの
原因かもしれませんね。
日本に来たインド人から
ではなく、
中近東にいったインド人の
観光客からニーズが広がった
のも面白いですね。

つぎに、

2.
ザッハトルテは
どうやって食べるのが
正式な食べ方でしょうか?

(なにと一緒に食べるのが
一般的でしょうか?)

と。
という質問の回答ですが、
これは、

「ホイップクリーム」

しかも、

「砂糖なしの
生クリームの
ホイップクリーム」

です!!
ザッハトルテが
濃度の濃いチョコレートケーキで
しっかり甘いですから
それをマイルドにする、
と言う効果があると
いただきながら、
思いました!
本当にこうやって
いただくと美味です~!
ということで

「世界事情のお話」

なにかのトピックスで
海外の方と日本のことを
話す際に、ヨックモックの
クッキーの話などを

「グローバル雑談」

で使ってみるにも
いいですね。

またこのように
世界の事情にアンテナを
はっておくと
「雑談力」がつきます!
あとはこれを英語で
話せるようにするだけです!

チェリー式ではここの
「自分が話したいこと」を
話せるようにする、

というところを強化しています!
もう9月ですね!
いまからスタートすれば
9,10,11,12月
と4か月あります。
もしスタートが遅くなると
それだけ、習得の時間が短く
なります!
ご自分のために
タイムマネジメントして
参りましょう!!

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

==============
■過去体験会、プロフィール等は
こちらから↓
HP: http://cherryglobal.net/
==============
■Facebookでお友達になりましょう。
メルマガ登録されていらっしゃる方で
まだFacebookでお友達でない方
ぜひお友達になってくださいね。

Facebookaddress
https://www.facebook.com/hoshinocherry

============

”なぜ英検3級、4級レベルの人が
90日後に、「中学英語」で
「ビジネス英会話」がペラペラに
なるのか?”

情熱のエグゼクティブ経験
MBAホルダーが楽しくやさしく
直接指導!

英語をやり直したい&英語の
コンプレックスがあった人
90%以上が満足!

cherryhoshino2015 の紹介

情熱のエグゼクティブ経験MBAホルダーが直接指導! 60ケ国以上の人と35年以上仕事でグローバルコミュニケーションの実績と経験! 英語の苦手意識を“自信”に変え「中学英語」で世界と仕事ができる3つのパワー!さらにステージアップしませんか? 大学では英米文学科でシェイクスピアを学びました。イギリス英語とアメリカ英語の違いや文化の違いに気付き、国際交流に大学時代から興味を持ち、様々な国の方々との文化交流活動にも参加しました。 自分も日本文化を理解する上で、茶道や華道を学びました。 仕事でも大学卒業してから一貫して30年以上英語を使う仕事に関わってきました。大学卒業後も、大手メーカーに来日する海外研修センターで世界中の方々とコミュニケーションを取る仕事をしておりました。特に英語に関わる中、ビジネスでも英語を使ってみたいと感じるようになり、大学院でビジネスを学び、それを実際のビジネス界でも使って、欧米先進国アメリカ、フランス、ドイツ企業でもマーケティングを中心に、営業、教育を経験、その後は経営に関わってきました。 40代から50代までには経営幹部としての仕事も実践し、主に欧米に出張し、あらゆる世界中のビジネスパーソンとの会議、日本を代表してプレゼンする、と言うことも経験しました。プライベートでもイギリス文化や家庭を知ることができました。 20代、30代、40代、50代前半はずっと欧米との交流が強かったのですが、最近は高度成長した中国や台湾などアジア人とのビジネス交流も経験することもできました。英語はビジネスには必須の言語です。アジア人も英語は今や当たり前のようにスピーディに習得していることに驚きを感じました。 このようなグローバルビジネスの豊富な経験を基にこれから日本を背負ってたつクールジャパンの経営者、自営業者、会社専門職、日本文化関連のクリエイティブな起業家の方々のためにお役に立つこと、をミッションと感じるようになりました。
カテゴリー: 英語スピーキング上達 パーマリンク